チョコ好きのひとりごと Conche@静岡市にて

静岡市にあるクラフトチョコレート専門店のConcheに行ってきました。カカオの産地別に作られたチョコレートの試食が出来て、それぞれブラックとミルクの用意がありました。チョコレートは好きでよく食べますが、こうやって食べ比べてみると酸味だとかナッツ感が結構違うっていうのがわかって、すごく楽しかったし自分の好みの把握にもなった感じです。シンプルなチョコレート以外にもさとうきびを使ったものとかさくらえびが入った変わり種なんかもあって、気になり過ぎたので持ち帰り用に購入しました。店内ではチョコレートドリンクの販売もしていて、自分で好きなチョコを選んでドリンクにしてもらうことが出来ます。あったかいし甘いしチョコ美味しいし至福の時間でした。ホワイトチョコのアイスも最高。好きなもの詰合せて箱に入れてギフトボックスとかにもしてくれるようなので、チョコ好きな友達にはちょったしたプレゼントにするとすごく喜ばれそうだなと思いました。キレイモ カウンセリング

ママ友とご飯なんて食べても悪口ばっかりだ

仲良くなれそうと思っていたママ友からランチのお誘いを受けました。
私は自分から話しかけたり誘ったりすることがすごく苦手なのですごく嬉しくて、音楽の話とか趣味の話なんかをしてもっと親しくなれるかもしれないと言う期待のようなものをして会いに行きました。

結婚して子どもができてからわざわざ子どもがいない時間帯にママ友と会うなんてことはほんとにはじめてなので緊張すらしていたのですが、ママ友から発せられる言葉は、周囲のママ、知ってるママ、あまり面識のないママの悪口、噂話、どう思ってるか、どんな人なのかという私からの聞き取りのようなものばかりだったんです。

え?これって友達にするような会話とは言えないよね?というのばかりで、正直戸惑いました。
だから、早めに切り上げようとしたし、二度とランチの誘いにも乗らないと思います。
がっかりしてしまいました。
やはり楽しく会話なんてことは期待しちゃいけないんだと身を持って知りました。医療脱毛 湘南

平昌オリンピック開幕でまたまた夜更かしの日々

平昌オリンピックが開幕しました。今回開催地は韓国という事で、日本と時差がないことからここ最近のオリンピックに比べればかなり見やすい時間帯に競技を放送してくれています。その点ではついつい夜更かしして次の日の仕事がつらいなどという事は少ないかなと思いますが、それにしてもすべての競技をリアルタイムで見るのは不可能なので、見残した競技はどうしても深夜の時間帯のものを見ることになります。また1度リアルタイムで見ていながらも、方法されているとついつい終わりまで見てしまい結局かなり夜更かしする羽目になるということもあります。開幕して数日ですが、すでに平均に就寝時間が2:00ですので、今後注目競技が立て込んでくるとますます遅くなりそうです。若い頃ならそれでも良かったのですが、40代も半ばを過ぎると寝る時間が遅くなると確実に次の日に響いてきます。かといって見たい。日本選手たちの活躍で多少夜更かししても後悔しないようになればいいなぁと思っています。vio脱毛 脱毛ラボ

お願い教えて、何をイライラしているのですか?

1人でお茶をすることが愉しくなってきたので、出かけた時は必ずカフェでコーヒー頂いています。
カウンター席で新書の文庫本を片手に読みふけっていると、椅子の背中に何かが当たったような…それほど広い通路でもないので通る人が椅子の背もたれに当たることはよくあることなので、あまり気にしないでいたら、いきたりドォーンという音とともに椅子が前に動きました。と同時に『ちょっと、椅子がじゃまで通れないでしょ!!』怖い顔で大きなバックを持って怒っていらっしゃる女性が立っていました。。
思わず『すみません、気がつかなくて』と一応言ってめいっぱい椅子をひいてみてましたが、もともとデバッていたわけでもないので通路の広さはかわりません。すかさず『一度当たったら通れないってわかるでしょ!すぐに開けるのが常識でしょ!そんな常識もしらないの!!まったく常識知らなくていやになっちゃうわ!!』と叫びながらお帰りになりました。
何がおきたのかよくわからないうちに店内は元の静かさになりました。
ん・・・・・『何をイライラしているのですか?』と聞いてみたい。脱毛ラボ 無料体験

いつだったか元阪神のマートン選手が引退したそうですね。

日本の阪神タイガースで活躍したマットマートンですが年俸高騰、イライラ病、守備走塁難。こんな事がありました。最初の年は日本記録も作りましたね。現在は西部の秋山選手が抜きましたけど。しかし賛否がある選手ではありましたけどマートンは阪神に貢献してくれたのは間違いありません。ヒットメーカーですからヒットを多く打ってくれました。しかしながら足が遅い。だから一塁にランナーがいる時にゴロが転がるとゲッツーも多かった。転がる方向がズレればヒットだし選手のタイプ的にそりゃそうなんですけど。足が遅くても全力で走らなかったり守備でもボールをジョギングみたいに追いかけたり、挙げ句の果てにはアイドンライクノウミサン。これは阪神ファンやネットをする人にはお馴染みだと思います。首位打者を取ったり、確か最速記録の1000安打も達成した。いい話も悪い話もボロボロ出てくる。このマートンはなぜグラウンドで全力プレーしなかったのだろう。1年目みたいに真面目な選手だったらどこまで活躍できたのか。そんな事をマートンには思います。脱毛ラボ 脱毛箇所

コンビニが近くにあることでついつい買ってしまいます

今日こそはコンビニに行かないぞ、絶対に夜酔っ払ってお腹が空いてシメが食べたいと思ったとしても、ふらりと立ち寄ってはいけないぞ、といつもいつも自分に言い聞かせているはずなのに、最近コンビニ通いをやめることができていなくて、悩んでいます。
お金がかかることもさることながら、とにかく夜中のコンビニは魅力的すぎるのです。食べてはいけないと思っているものを食べてしまいたい衝動を抑えることが大変難しくて、またダイエットは明日からやればいいかと自分に対する甘えのような気持ちと良くないぞという気持ち、まるで天使と悪魔がささやくような感覚に陥ってしまうのです。
結果的にこの一週間悪魔が勝ち続けているので、わたしは手当たり次第に甘い物やカロリーの高いものを食べ続けています。
とくに魅力的なのが、アイスクリームとチョコレート系のお菓子、あと肉系の揚げ物で、このまま続けていけば、必ず太ってしまうと思います。来月には健康診断があるというのにです。今日こそは立ち寄らないよう、何とか自分を制止するすべを検討中です。

映画「探偵はBARにいる2ススキノ大交差点」を見て

映画「探偵はBARにいる2ススキノ大交差点」をDVDで見ました。
第1弾はすでに視聴済みで、美しい小雪さんや西田敏行さんなど素晴らしかったのですが、暴力シーンがひどくてどうにも後味が悪かった記憶があります。特に、悪党の妻というだけで何の罪もないおばちゃんがひどい目に遭う場面が一番嫌で、2作目は見ようかやめようか迷いました。しかし結果的には見て正解でした。1作目よりもグレードアップしている印象です。
ガレッジセールのゴリさんが演技をするのを初めて見たのですが、こんなに上手いとは知らず驚きました。フローラというママ役をやっていた篠井英介さんも素晴らしかったです。さすが女形の役者さんだけあって、どんな役柄と服装でもにじみ出る品の良さってあるんですね。
依頼人と被害者の意外な関係が明らかになるラストは、予想していなかった展開で切なかったです。一番心に残ったのは、真犯人を前に探偵が見せた涙でしょうか。情に厚い主人公と、対照的に感情が全く見えない相棒のコンビも面白くて、なかなかの大作でした。

人に声を掛けられないなら話し掛けられるような人になる

人生で大切なことは○○から学んだの中にトレンディエンジェルの斉藤さんが出ていたのですが、テレビでは凄く元気そうに見える彼ですが内面は凄く人見知りらしいです。
人見知りというか極度の人見知りらしく、高校時代は友達が出来なかったそうです。
私も殆ど友達というのがいないので彼の気持ちは凄くよく分かります。
それで彼が考えたことは、人見知りで自分から話し掛けることが出来ないのであれば話し掛けられるような人間になればいいんだということです。
だからスーパースターになって話し掛けられる人間になることを目指したそうですが、素敵な考えですよね。
私もそうなりたいですが、さすがに芸能人になりたいとは思いません。
でも話し掛けられるようなタイプになりたいです。
けど話し掛けられるタイプって一体どういう人のことを言うのでしょうかね?
私は自分から人に話し掛けたりすることが出来ないからどんな人が話し掛けられやすいのかが分かりません。

衝撃の燗酒、明日から寒い日は燗酒にしよう

地元の居酒屋が企画する日本酒塾5回目に参加、毎回日本酒に関するテーマを持って講義を2時間受けるのですが、今回のテーマは日本酒に合う食事、東京から講師の方がいらっしゃって今日のテーマを講義してくださいました。
今日の講義は最初からお酒を飲めたので大満足、まず講義を企画している酒蔵意外のお酒これに合う食事はまさかのサーモンのマリネ、誰が考えてもサーモンのマリネは日本酒で無いでしょと思うでしょうが、このお酒が軽い酸味とフルーティとで白ワインと日本酒を足した味で意外に合いすぎる、こんな日本酒もあるんだなと思いながら完飲こんな調子で5種類のお酒をそれぞれ追加をしながら2合くらい飲んだでしょうか、一番お高いのはアメリカでしか販売されていないと言われる「M」と言うお酒なんとアメリカでは250ドルと言われて思わず25ドル2500円の間違いではないのと思いましたが、味は間違いなく25000円と言われてもおかしくないくらいののお酒でした。美味しかった。
そして、圧巻だったのは燗酒には厭な思いしかなかったので燗酒は大嫌いだったのですが、今回冷に最も合う空口のお酒の燗でした。50℃のヌル燗だったのですがこれが、これが衝撃、燗酒嫌いが一瞬で消えるほど美味しかったのです。明日からは冬は燗酒で行こう。ミュゼ 予約

本当の「おもてなし」とは何か?を今一度考えてみたいと思った。

「おもてなし」といえば、日本人の美徳、というイメージがありませんか?
東京でオリンピック・パラリンピックが開催されると決まったときのスピーチの映像を覚えている人も多いかと思います。
おもてなしを辞書で調べてみると、このように書いてあります。客に対する心のこもった接遇、歓待、サービスなどを意味する、と書いてあります。
2020年、東京でオリ・パラが開催されるにあたり東京はもちろん、日本全体で外国からのゲストをお招きするため「おもてなし」の心をもって行動していこう、という動きが強くなっているように感じます。
しかし、考えてしまうことがあります。それは「おもてなしの心」と「特別扱い」とは違うものではないか、私たち日本人は外国人や障がい者・そういったマイノリティの人たちを特別扱いして区別しているだけではないか、ということです。
外国人だから、といって妙な愛想笑いや過剰な配慮をもって接することは相手にとって居心地の悪い、時に歓迎されてないのではないか、と感じさせてしまうのではないかと思うのです。障害を持っている人、例えば車椅子ユーザーだからといって特別なスペースを設けておけばいい、というような気持ちで接していないだろうか。
おもてなし、とは本来、お客様が心地よく過ごしていただくためのものです。私たちが提供しようとしている「おもてなし」の本当の意味、心を今一度思い出して2020年を迎えたいものだ、と思いました。