あれっ?これは耳鳴りかもしれない?いつから?

寝る時に横になると、高い金属音がかすかに聞こえてきました。
歯医者で歯石を取るときに鳴るような音です。
あんなに強烈な音量ではなく、微かに聞こえてきます。
外の音で、遠くで何かが鳴っている音だろうぐらいに思っていましたが、よく考えると右の耳からしか聞こえないことに気づきました。
これは耳鳴りかもしれない!と思い、早速耳鼻科に行きました。
地元では名医と有名な耳鼻科で、インターネットで予約が必要です。
待合室に患者さんがあふれていました。
早速、聴力の検査です。
重い防音であろう鉄の扉の部屋に入りました。
看護師さんと向かいあわせで座ります。
うん?机の上のパソコンの画面で手元は見えないけれど、聴力検査の機械を操作しているのがなんとなく分かってしまいます。
これでいいのでしょうか?
高音や低音と人間ドックの聴力検査よりも丁寧に検査されます。
すると「ピンポンパンポン〜〇〇さんは中待合室でお待ちください」と聞こえてきました。
防音部屋でも聞こえるんです。おもわず「聞こえた」と示すボタンを押してしまいました。
あの重い鉄の扉は防音の意味がないんじゃないでしょうか。
結局、聴力に問題がなかったので、様子を見ることになりました。
突発性難聴等、突然耳が聞こえなくなるのが恐くて耳鼻科に行ったので、とりあえず安心です。
でも、防音部屋にとても疑問が残りました。お金 借りる ばれない

色んな国土のことなどが知れて良かったです

国土について習得をしました。国土は、国民の基本的な毎日を確信しリソースを確保するための最も大切な部門です。多くの各国は、リソースの振り分けや民族の居留分布、宗教の変更、過去の戦争などの粗筋により、隣国との間に国土トラブルの火種をかかえています。現在も広がる国土をめぐるトラブルは、インドとパキスタンの時のカシミールトラブル(1947年〜)、イスラエルとアラブ諸国との時のパレスチナトラブル(1948年〜)、南沙(スプラトリー)諸島の帰属をめぐる不都合などがあります。南沙諸島は、南シナ海の南部に残る100空白の島と環礁からなっているそうです。我が国はロシアとの間に北方領土不都合という大きな不都合をかかえています。また、韓国との間に竹島の帰属を訪ねる対立があります。そのほかにも、中国が尖閣諸島の領有を主張しています。これらはいずれも我が国固有の国土だ。このことを勉強して、速く解決して望ましい道順に進んでほしいなと思いました。