離島で喜べる、手遅れ生とは案の定どんなものでしょうか。

私の実家は離島だ。といっても狭苦しいときにしか住んですことがなくて、大人になってから、そこにお家を建てた両親の動揺を見極めるために島に帰ってきました。それから離島のくらしを満喫することになりました。離島のいいところは、どうしても海でしょう。デイリー、海水浴ができます。海が異性にとっては一番でしょう。自分はそこまで好きではないので、一年に一斉か2回か、泳ぐだけだ。日に焼けてしまうからだ。夏場の昼なんて強制泳げません。そんなことをしたら、そのあと少しは日焼けしたところが痛くて、お風呂に入ることもできません。水で体調を洗わなければなりません。しかし海は泳ぐだけではありません。サーフィンが異性は、島のどこででも、主流のある時にサーフィンを楽しむことができます。魚釣りもそうです。行きたいときは、天候さえ良ければいつでもどこでもできます。当然、どこでも魚が釣れるわけではないので、とことん選ばなければなりませんが。離島では手遅れいのちを楽しむことができます。しかし暇なわけではありません。相当充実していて、自分は好きです。