各県対抗してお米のブランド化を進めているようですが・・・

お米をブランド化して売り出す戦略を各都道府県が打ち出して,実際に新しい品種が市場に流通もしているようですが,米離れが進む日本でどれだけの効果が出るかは読めません。
外国の和食ブームに乗って輸出にも力を入れるのでしょうが,過当競争にならないか懸念もあります。
ザ・ジャパニーズ・ブランドと格付けて日本代表米として売り出した方が,外国受けが良いのではとも思います。
美味しいお米が出来る事も日本にとっても嬉しい事ですが,普段使い出来るような価格でないと富裕層だけの口に入る特別米になってしまいます。
日本の米文化を復活させる為にも,手軽に買える価格を設定して欲しいと願います。
美味しいお米を食べるには美味しい水が欠かせません。
ブランド米が出回るようになるとそれに適した水がセットで売り出されるようになるかもしれませんね。
日本の食材はとにかくお米に合います。
弥生時代からお米を中心に食材が栽培されてきたのかもしれません。
日本の歴史とも言えるお米を皆が食べるようになって欲しいです。

経済と経済とは何かについての勉強をしていた

経済について勉強をしました。私たちは生活していくために、会社で働いたり事業を営んだりしてお金(所得)を手に入れ、それをもとに会社などが生産した衣料・食料・住居などの財(モノ)・サービスを購入しています。このように財・サービスが生産され、それらが流通し私たちが消費するしくみのことを経済といいます。財とは、テレビや自動車などのような形のある生産物のことをいいます。サービスは、医師の治療などの形のないものをいいます。経済のしくみは、長い歴史の中でつくられてきました。自分でつくって自分で消費する自給自足には限りがあります。このため、多くの財・サービスが分業によって生産され、流通されるようになったそうです。豊かな経済生活を実現するためにも、経済のしくみ(経済体制)がつくらなければなりません。現在、多くの国で資本主義経済体制がとられているそうです。このようなことを勉強して、経済についてもっと知りたいなと思いました。

見に行かなくちゃ!珪藻土グッズがニトリで

珪藻土バスマット、最近ではホームセンターでも売っていますよね。
そして、ニトリでも売っているという情報をキャッチ。実物を見たことがないので、見に行かなくちゃと思っているところです。

ニトリのオンラインショップで見たところ、珪藻土バスマットは1473円。
一般的な珪藻土バスマットと比較して、お手頃な値段です。
ただ、クチコミでは割れるといった声もあったりして不安……。

なので、私は狙いを変更して、キッチングッズを買いに行こうかと思っているところです。
ニトリでは珪藻土ブロック、ヘキサゴングレー2個入りが185円。そして、珪藻土スティック4本入りが277円。コースターが185円。
珪藻土商品は湿気を吸い取るので、砂糖や塩など調味料に入れて湿気を吸い取ったり、コースターはグラスの下に置いて水分を吸い取ったりすることができます。
本命はコースター。
PC周辺にコルクコースターを敷いているのですが、それだと輪ジミになってしまったりするので、珪藻土コースターを新たに導入してみようかなと考えています。ランキング 全身脱毛