私は、将棋が趣味なので将棋について書きます。

私は、趣味で将棋にはまっています。将棋はなんても先の手を読んで指します。読みの深さも様々で、次の手をさす人に十なんても先の手を読んで指している人に様々だと思います。私の場合は5手ぐらいしか読んでいません。持ち時間があるので十なんても先まで読んでいると、すぐに時間がなくなってしまうからです。また色々な年代の人達が交流出来ますし非常に楽しいでです。それに長い年月将棋をしていたから強いというわけでもありません。プロ棋士とさすときは将棋の駒を落として指してもらいます。棋力の差がありすぎて勝負にならないからです。最近では、中学生棋士の藤井さんが出て来てますます将棋の熱も上がってきているところです。アマチュアで楽しんでいる皆さんも非常におおlのですですが、小学生、中学生ぐらいですとプロ棋士に憧れてプロを目指したいみたいです。将棋のプロを目指すには奨励会というところに入ります。年間4人しかプロになれないのでプロを目指すには
厳しい世界です。